NYで暮らすチョコラブ女子、ココ嬢にくわえて、2011年9月チョコラブ弟ルイを迎えました。
二頭との暮らしや成長日記を気ままに綴っておりますぴかぴか(新しい)
 わんこと暮らす方やわんこ大好きな方からのコメントやリンクお待ちしております黒ハート

 ランキング参加中です。ポチッとクリックでココ&ルイの応援お願いしますハートたち(複数ハート)
 にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ
 にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
☆お知らせとお詫び☆ 最近コメントフォームにご記入を頂いてもコメントが反映されないときがあるようです。コメント入力エラーが出た場合は、よろしければ右のメールフォームからメール下さい♪

2010年12月11日

手術を終えて・・・

生後6ヶ月で避妊手術という大仕事を終えたココ・・・
皆さんにも、本当に色んなお話をきかせていただいたり、ご心配いただいたりで、ココ共々、感謝しています。ありがとうございます黒ハート

今後、愛犬の避妊手術をお考えの方に参考になればと思い、手術前後から傷が癒えるまで、記録していこうと思います。

手術前日の夜。本人は何も知らないのに、ちょっと緊張モードに見えたりもして?

before.jpg

ココの手術は、マンハッタンのニューヨーク市営動物病院 The Humane Society of New Yorkにて行いました。
費用は30パウンド以上で、$95。手術前の診察費込みです。手術費は犬の体重で異なります。
予約をとろうとはじめに電話をしたときは、


年内は予約がいっぱいなのでまたかけ直してくれと言われました。
その次に電話をしたときに、空きがあるといわれ、予約した次第です。

手術前日:
夜中から絶飲、絶食。

手術当日:
朝ごはん&水抜き。
朝8時に、ドアマンにカーサービスを呼ぶように頼んだけど、車の運転手が犬嫌いなため、乗車拒否をされ、他の車を寄越すと言われました。次の車を待たなければならず、8時半に病院に着くつもりが、9時になってしまった・・・

病院に着き、チェックイン。
市営だけあって、待合室は人&ペットだらけ。
術前診察の順番待ちで、1時間以上待ちました。早くに行くべし・・・

術前診察。
事前に質問リストを作っていたので、それに沿って不明な点は確認しました。
・ドッグパークは2週間禁止
・シャワーも2週間禁止
・抜糸はなし。自然に体にとける糸を使用しているとのこと
・麻酔をかけるが、若くて健康な犬の場合は、麻酔によるリスクはまずないとのこと。歳をとった犬だと危ないらしい。
・術後何かが起こるというケースも、ほとんどないとのことだけど、2日以内に異常が見られる場合は即病院につれてくるようにとのこと。
・当日連れて帰れるかどうかは、追って電話にて連絡するとのこと
・術後の薬($20)をすすめられたので、購入しました。鎮痛剤のようなもので、3日ほど使うそう。

この病院は日本人の先生もいますが、今回の先生はアメリカ人ばかりでした。
NYにお住まいの方で、日本人医師を希望される場合は、Soeda先生という方がいらっしゃるそうです。

その後、ココは看護婦に連れられ、手術エリアへ・・・
この時点でわたしたちは帰宅しました。

午後3時前、病院から連絡があり、手術は終わったけど今日は病院にお泊まりさせるので、明日朝9−10時に迎えにきてくれとのこと。
ココが1晩いないだけで、静かな我が家でした・・・キッチンで邪魔されることもなく、おでんを煮込んだり・・・

oden.jpg

手術翌日:
朝9時に病院着。チェックインをし、順番を待つ。
やっぱり待合室はいっぱいで、30分程待たされましたが、無事にココと再会!
しっぽぶんぶんふって、ジャンプしていたので、ジャンプはすぐにやめさせました・・・傷口が心配!!
看護婦にやたらほめられたところを見ると、かまってもらえてたのかも?元気一杯に見えましたが、お腹のそり込みが痛々しい・・・
傷口は思っていたより、小さくて安心しました。

病院を出て、タクシーを捕まえようとしていると、ココがしゃがみこみ、いきなりう○ち。
しかもパトカーがとまっていて、婦人警官が立っている真横。
NYでは犬の糞を放置していると、罰金を支払わないといけないので、婦人警官が「この子は警官の真横でう○ちをして、やるねぇ〜〜!」とばかうけしていました。やっぱり強者。
う○ちはもちろん、すぐにとりましたが。。。
タクシーの中ではいつも通り大人しくしていました。

マンションの前で降りると、「お家だ!!!」とテンションがあがったのか、またもジャンプしようとするので、慌てて中へ・・・
部屋に入るなり、嬉しそうにおしりをふって、ピンクのクッション&弟(?)のワン吉のもとへ・・・

その後、お昼寝中。

neru.jpg

Tシャツはわたしのお古ですが、傷口をなめづらくするために着せています。
実は、先週既に色々試着させていました。

〜アバクロ並み?Tシャツギャラリー〜

やっぱお古はでかい。

tshirts1.jpg

「犬向けアバクロはないの〜?」

tshirts3.jpg

やっぱりピンクも試着。

tshirts2.jpg

茶色のTシャツは着ているのかどうか、よくみえません。

tshirts4.jpg

病院は混んでいましたが、みんな感じがよく、てきぱきと対応してくれました。

一泊になってしまったので、トラウマになって暗い子になってたり、すねていたりしたらどうしようか心配でしたが、今のところは今まで通りの甘えん坊です。
傷口が無事に癒えればいいなぁ・・・

ブログランキングに参加中☆ポチッと応援して頂けたら嬉しいです♪
br_decobanner_20100929004025.gif
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
posted by Kiki in NY at 20:00| ニューヨーク ☀| Comment(8) | ココルイ成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ココちゃん、初めて一晩お家に帰れず不安だったろうけど、よく頑張ったね。
パパやママに会えて嬉しかったでしょうね。
元気そうで良かった、良かった!!
ココちゃん、ゆっくり休んでね。
Posted by bossmama at 2010年12月11日 20:50
bossmamaさん☆

コメントありがとうございます〜ココにとっては初めてのことばかりで、色々大変だったと思いますが、無事に住んでほっとしています。今はゆっくり休んでもらって、早く回復してほしいです〜
ご心配ありがとうございます(^―^)
Posted by Kiki in NY at 2010年12月11日 22:27
ココちゃん、おつかれさま〜〜!
無事に手術成功したみたいで、心からほっとしてます・・・。
よかった〜〜〜〜!!!

Kikiさんも、今日はぐっすり寝てくださいね。

キズのあと・・・痛々しいんですよね。
私も辛かったです。
アフターのココちゃん、元気そうでよかった〜〜!
ママたちに早く逢いたくてたまらなかったんでしょうね。

なんだか涙が出てきました(爆)
ホントに、おつかれさま、
ココちゃん、Kikiさん!!!

ぽち☆☆

Posted by 巳雪 at 2010年12月11日 23:58
巳雪さん☆

コメント&ぽちありがとうございます〜!無事に終わってほっとしました・・・色々考えた上での決断でしたが、今のところはココの様子も特に問題がなさそうなので、このまままめに傷口の経過(痛々しいのでほんとはあまり直視したくないですが!ほんとかわいそうな気分になりますよね)を見て、しばらくは安静にさせようと思います☆
ご心配、ありがとうございます!嬉しいです♪
(^_^)

ぐっすり眠るつもりが、週末用が色々あって、ココ以外のことでも寝不足です〜〜泣 月曜までばたばたしそうなので、寝不足が続きそうです・・・
Posted by Kiki in NY at 2010年12月12日 10:23
ココちゃん、大仕事お疲れ様(*´ー`)
無事に終わって本当に安心しました!
虎太郎も来月、去勢手術をする予定でいるので、
Kikiさんの情報、とても参考になりました(´ェ`*)
ありがとうございます♪
早く、傷口が治りますように(●´ω`●)
Posted by のん at 2010年12月13日 08:51
のん さん☆

コメントありがとうございます。ほんと大仕事ですよね〜!願わくば、手術はこの1回で済んでほしいところです・・・

虎太郎くんも来月手術なのですねー!心配ですよね〜!男の子の場合は、術後、性格が扱いやすくなるケースが多いみたいですよ。病院では毎日たくさん手術が行われているけど、本人はもちろん、飼い主にとっても一大事ですよねー。
Posted by Kiki in NY at 2010年12月14日 00:26
ココちゃん頑張ったね
カリーナも10月ぐらいに避妊手術考えてます
でも、かわいそうでね…
ココちゃんのストーリー参考になりました
カリーナの手術を想像してしまいちと目がウルウルしてきました
Posted by カリーナママ at 2011年08月25日 09:28
カリーナママさん☆

いつもコメントありがとうございます♪そうなんですよ、本人(犬)よりも人間の方がセンシティブになってしまって、前日とかも「明日は手術だということを本人はしらないで無邪気に・・・」とか考えてしまっていました。
Humaine Societyおすすめですよー。毎日何件も手術を行っているので、技術は確かだと思います。
女の子の場合は摘出なので、どうしても心配せずにはいられませんが、医学的には避妊手術は早い方が子宮系の病気の発症確率が下がるらしいです。うちは傷口も化膿せず、順調に傷が癒えました。
頑張って下さい!
Posted by Kiki in Ny at 2011年08月25日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。